相手に送るメールの内容に要注意

2014年06月19日

相手に送るメールの内容に要注意

諦めていた恋人と復縁できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

復縁したいと思う場合、しばらく冷却期間を置くというのは必須なのですが、冷却期間を置いた後に元彼にメールを送るというのが、復縁への第一歩となりますグッド(上向き矢印)

そのメールの内容が、とても重要ということになるんですわーい(嬉しい顔)

     190.jpg

冷却期間をおけば、どんなメールを送っても良いというわけではないという意味になります。

つまり、彼に会いたい会いたいという一心から・・・

「私はあなたの事がやっぱり好きです」

「いつまでも待っています」

こんなメールを送ってしまったら、絶対アウトでしょう。


冷却期間をせっかく置いた意味がなくなってしまいますバッド(下向き矢印)

しかも、相手から、未練タラタラだと感じられてしまうと、重たい存在になってしまいます。

未練を感じていないという、内容のメールにしないと意味がないのです。


あなたから送られてきたメールに対して、彼が「どうせ、ヨリを戻そうという内容だろう」って思っているからですもうやだ〜(悲しい顔)

その意に反した内容のメールが送られてきたとしたら、どうでしょうわーい(嬉しい顔)

「え???」という気持ちになるんじゃないでしょうか?ハートたち(複数ハート)

以前のあなたが、書いたとは思えないような感じのメールにするのも効果的です手(チョキ)

例えば、少しだけ文体を変えてみたり、今まで使った事がない感じの絵文字を使ったり・・・。

元々、振った相手からのメールなんて、元彼の興味を引くことは難しいでしょう。

ですから、少しでも元彼が興味を持ってくれるように工夫する必要があるのです。


あまりにも、明らかに違うというのも考えものですから、少しだけ変わっている程度でオッケー手(チョキ)


そして、あくまでも、書く内容というのは、元彼の気持ちになって書くという事ですむかっ(怒り)

元彼が読んだ時に、微笑んでしまいそうになるようなわーい(嬉しい顔)内容にすることを考えて、メールを書きましょうmail to

今まで付き合っていた相手ですから、どんな事が彼を喜ばせるかわかるはずですよね。

読んで思わず暗い気持ちになってしまうのではなく、明るい気持ちになれるようなメールがおススメです。

諦めていた恋人と復縁できた方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 復縁できた方法101ゆうこ at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。