3つの冷却期間を上手に選ぼう

2014年06月15日

3つの冷却期間を上手に選ぼう

諦めていた恋人と復縁できた方法はこちらぴかぴか(新しい)

復縁に成功するために必要な事として、冷却期間がありますわーい(嬉しい顔)

でも、どの別れのパターンにも同じ冷却期間が該当するというわけではありませんバッド(下向き矢印)

間違った冷却期間をおいてしまう事によって、復縁が失敗に終わる事もあるのです失恋

     img2b70dea569f4c8d0161372085969d20ac1.jpg

大体冷却期間としては、大きく分けて3つあります手(チョキ)

「1週間の冷却期間」

「1か月の冷却期間」

「3か月の冷却期間」

このいずれかの冷却期間を、自分の別れた時の状況などに合わせて選びましょう。


まず、1週間の冷却期間が必要な場合です。

この場合は、別れ方がそんなに激しくなく穏やかな感じだったケースですね。

つまり、感情的になることなく別れた場合に適した冷却期間となっています。


長い期間付き合っていた二人が、お互い仕事などで疲れ切ってしまった時に、相手の事を重たく感じた場合などもこのケースに該当しますねわーい(嬉しい顔)


次が、1か月の冷却期間が必要な場合です。

この場合は、相手と意見の対立があって、お互いの気持ちを押しつけてしまった事が原因となって別れたケースですね。

つい興奮してしまって、相手の話に耳をかたむける気持ちになれず、自分の感情だけをぶつけてしまった場合、1週間程度では冷静になるには短すぎますもうやだ〜(悲しい顔)

1か月くらいであれば、冷静になってもう一度その時の二人の事を第三者的な見方をすることができるでしょう目


最後が、3か月の冷却期間が必要な場合です。

この場合は、完全に喧嘩別れをしてしまったり、突然音信不通という形になってしまったケースです。

一番別れた時の状況が悪いケースといってもよいでしょう。


別れを切り出した彼に対して、すがりついて泣き叫んでしまった場合も3か月の冷却期間が必要なケースに該当しますもうやだ〜(悲しい顔)


ただし、別れた途端に冷却期間などを置くことが我慢できないという人もいるはずです。

そのような場合、かなり復縁できる可能性は低くなると思ってよいでしょうバッド(下向き矢印)

別れた時のまま、冷却期間を置かないで相手にアプローチしても、相手は聞く耳さえもってくれませんからね耳

自己中心的な考えは絶対に復縁したいと思うのであれば、持ってはいけませんむかっ(怒り)

常に慎重に考えて行動する!という事を、頭に置いておきましょう手(チョキ)

諦めていた恋人と復縁できた方法はこちらぴかぴか(新しい)


posted by 復縁できた方法101ゆうこ at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。